FC2ブログ

記事一覧

多様体の定義

微分構造が入らない位相多様体とか、エキゾチックなユークリッド空間とか球面とか。
そういうのって本来調べたいことというよりも、とりあえず与えた“多様体の定義”がもともと考えたかったものの定式化としてどの程度ふさわしく「ないか」を調べた結果出てきたものかと勝手に思っています。(実際の歴史をご存知の方、あるいは別の考えをお持ちの方は教えてください。)
異常な例を踏まえて本来の興味の対象の“正しい定義”が何か、の探求に戻るという話は聞いたことがないのですが、そういう方向で何か面白い話はないのでしょうか。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

河下希

Author:河下希
邪道数学研究所 の更新情報をお伝えするのが主な目的。
管理人の好きな定理は
準同型定理、陰関数定理、ラドン・ニコディムの定理、完全性定理
当たり前のことを数学的にきちんと定式化することに感動を覚えます。
プロフ画像はこちらのフォントを使用させていただいてます。

フリーエリア

よろしければときどきクリックしてください。このページのランキングが上がります。