FC2ブログ

記事一覧

方程式の解の書き方

x^2-3+2=0の解をよくx=1,2のように書きますが、これの正確な意味は
「(x^2-3+2=0となる必要十分条件は)x=1またはx=2」
ということでしょう。
長い議論の途中で現れる場合には注意も込めて詳しくカギカッコでくくったような表現が望ましいとは思いますが、(コンマを(「かつ」ではなく)「または」に理解するというのは常に適切ではないので本当は積極的に書き分けてほしいですが、)そうでなければx=1,2のような略記もまあそんな悪いとは思いません。
中学校レベルまでは。

高校の数学Aでは集合の概念を習います。そこの記号を使えばx∊{1,2}という非常に簡潔かつ厳密な表現が可能です。
これを習った後はこの書き方に移行するのが適当じゃないかなと思うのですが、みなさんどう思われるでしょうか?

類似……ではないですがついでに言うと、変数が区間を動く場合には数学III以降は1≦x<3のように書く代りにx∊[1,3)書いてほしい。これはxが主語であることがこの方がよりはっきりするからです。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

河下希

Author:河下希
邪道数学研究所 の更新情報をお伝えするのが主な目的。
管理人の好きな定理は
準同型定理、陰関数定理、ラドン・ニコディムの定理、完全性定理
当たり前のことを数学的にきちんと定式化することに感動を覚えます。
プロフ画像はこちらのフォントを使用させていただいてます。

フリーエリア

よろしければときどきクリックしてください。このページのランキングが上がります。